亀梨まどみ物語 第六話

「本当に、俺が撮影するんですか?」
「営みの録画を見るのも、僕の楽しみでね。我々は秘密を共有するというわけだよ……グヒヒ」

撮影した映像はあくまでプライベートで愉しむと約束してはくれたが、口止めとしての効果は絶大だった。
こんな映像が流出でもしたら、まどみは……。

「プ、プロデューサー……」

ホテルに場所を変えても、まどみの恰好は撮影で着用したマイクロビキニのまま。
美しく撮影したアイドルを、そのまま汚すのが大物カメラマン氏のお好みらしい……。

「…………」

まどみは観念したかのように目を閉じ、顔を背けた。やはり俺に見られたくはないのだろう。
俺だって好き好んでこの場にいたいわけではない……。
しかし今、まどみを近くで支えてやれるのは俺一人だ。
不当に乱暴されたりしないように、同席して見張るのは彼女のためでもある――

madomi06

「こっ、こんなポーズでなんて……あああっ!」

まどみは大物カメラマン氏の上で、両腕を後頭部にまわした『服従のポーズ』で腰を動かしている。
このような奴隷的な辱めが、業界人の征服欲を大いに充たすのだろう。
結合部からはニチャニチャと卑猥な音が漏れていた。

「くくく……たっぷり濡れているようじゃないか……僕のデカチンのおかげ?」
「くっ……あっ、あああっ! だめっ、声が出ちゃうっ……」
「それとも……『彼』に撮られてるから、より興奮してるのかね? グヒヒ……」
「やあぁっ! いやらぁ……! みっ、見ないでください……プロデューサー……お願い……見ないで……」
「初々しいねぇ……処女ではないようだけど……ホラ、もっと腰を振らんかい!」
「あっ、ああっ、ああああ゛っ!!」

カメラマンのペニスは、俺のより遙かに巨大で……この異常なシチュエーションに興奮してかみなぎっていた。
まどみが泣きながら喘いでるのは……このクソみたいな寝取られシチュエーションのおかげか?
それとも……ナカにくわえ込んでいるチンポが、俺のより大きいからか?
くそ……くそっ、くそっ!
目の前の彼女は、アイドルは、本当は俺に惚れてるのに。俺の女なのに……!
大物カメラマン氏はまどみのナカを巨チンで往復して味わいながら、乳首を指で執拗にいじめていた。
乳輪をなぞってじらしたり、つまんだり、弾いたり、吸ったり……経験豊富なオヤジらしいねっちりした責めだ。

「ホレ、ホレ……もうすぐイキそうだの?」

それに業界人気取りの気取ったしゃべり方から、地が出てきたのか、関西弁で汚らしくまどみを口撃している。

「あっ、あっ……やだぁ、イくのいやだぁ……!」
「めっちゃ気持ちええのに、どこがイヤなん? イク時はちゃんと言わんといかんぞ?」
「あの人の前でなんて……たっ、耐えられません……!」
「ふぅん……ホレ、ホレ……カレシの前じゃどう耐えられんのか、口で言うてみ?」
「あんっ! やんっ! いやぁっ! こんな! すごっ、すごくてっ!!」
「どこがすごいん? 感じやすくて素直なアイドルはかわいいのぉ」
「こんなおくっ、おくまでっ……! とどくなんてっ!! しんじられない……あ゛、あ゛あぁぁっ……!」

腹に乗って上下運動で奉仕しつつ、まどみは泣き腫らした顔でカメラを、いや俺を……チラチラ見てくる。
胸が苦しい。
俺のまどみに、俺の育てたアイドルに何て事をしやがるんだ……!
しかし燃えさかる嫉妬心とは裏原に、股間のペニスは堅く勃起している……。興奮を押さえきれない。
ちくしょう……ちくしょう!

「やだぁ~~! やなのにぃぃ~~! ひああぁ! ちくびっ、もうつままないでぇ~~!!」
「おいっ! ちゃんと撮れておるかっ!? この子もうイクで!」

madomi06face1

「あっ、あ゛あ゛あ゛あ゛~~!! イくっ、イっちゃう! いやっ、見ないでっ! 撮らないでください~~!! あ゛あ゛あ゛ああ~~!! いっ……ぐっ…………!!」
「おお、イったな、イッておるな?」
「あ゛っ……あ゛っ……あ゛っ…………ああ゛あ゛あ゛…………!」

madomi06face2

びくびくと痙攣して達しているまどみをひとしきり観察したカメラマン氏は、今度はベッドに押し倒し、乱暴に上にのしかかった。
巨根でイかせた事に満足し、ようやく自らの射精欲を果たそうとするのだろう。
まどみはすでに力なく、肉人形として男に揺さぶられているだけだった。

madomi_06c2

「ほれ、種付けの時間だっ! お前のプロデューサーが見ている前で、孕んでしまえっ!!」
「あ゛っ…………あづいっ…………いや…………いやらぁぁぁ…………! おながに…………いっぱいぃぃぃ……!! いやあぁぁ……孕むのいやらぁぁぁ…………!」
「あ゛っ、あ゛っ……ふどいのっ……ぐりぐりしないでぇ……! ……あ゛っ…………また…………イぐっ…………あ゛あ゛あ゛…………あ…………!」

下腹部に白濁液が打ち込まれながら何度も果てていくまどみ。
ピルを服用させているから大丈夫のはず……なのだが、もしかして、という不安が胸を突き刺してくる。
俺は股間をガチガチに勃起させつつ、絶望と興奮の矛盾した気持ちでまどみを画面に収めるのだった……。

お知らせ

「亀梨まどみ物語」はもう一週続くことにしました。(^o^)
次回、Web公開版最終回に続きます!

全20数カットにも及ぶ「まどみ編」全てが収まった完全版CG集ももうすぐ完成です!

このページに星をつけて拍手してくださると励みになります

コメント

  1. 匿名 より:

    エロすぎる。めっちゃ興奮した\(//∇//)\
    まどみ不憫。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。